アコムのクレジットカード

クレジットカードは便利なものですが、支払いの滞りなどがあるとすぐさま信用情報に反映され、それが後々融資の審査に響きます。

クレジットカードを複数持っていて、借りては返し更に消費者金融で貸付を受け、滞ったことがあるという人は、新規にクレジットカードを申し込む時にも注意が必要です。

人によってクレジットカードの使用についての考え方は様々だと思いますが、キャッシングと同じでクレカ一枚で気軽に借金出来てしまうというのは、考えてみれば怖い事でもあるため、申し込みをするときには自分の消費パターンをよく省みてみるほうが良いですね。

アコムでは、キャッシングの審査と別にアコムマスターカードの審査に通れば、マスターのついたキャッシュカードが発行される仕組みになっています。

アコムは大手銀行が融資の母体とは言っても、やはり貸金業という分類になるので、一回払いの指定が出来るような柔軟なクレジットカードが発行されるわけではありません。

リボルビング払い専用カードとなっている事は念頭において置くべきでしょう。

これは、一定期間利息を免除し、決められた期間の支払い残高が繰り越されると利息が加算されるというスタイルなので、もし高額の買い物をマスターカードでしてから、無利息期間に返済出来ないと、次々に利息がかさんでいわゆるリボ
払いの泥沼にはまっていく訳です。

このあたり、クレジットカードの根本的な仕組みを把握しないままに、ずるずると惰性で申し込んでしまうと痛い目に逢います。無邪気にマスターカードの発行を喜ぶのではなく、今一度クレカに対する根本的な知識を、それはもう社会人1年目に戻ったつもりでおさらいするのが重要かも知れません。

海外旅行の時のみ・・・など、用途を限定していれば便利で一枚は持っていたいクレジットカードですが、現金そのものより複雑な支払い方法で、貸し手側の利幅を増やしているものだという認識は、どうしても必要です。

業界の無利息キャシング

これは様々な業界で行われている宣伝を目的とした商法の一つで、例えば新しい化粧品がリリースされると街頭キャンペーンでたくさんのサンプルを配ってくれます。

食品でも同じで、スーパーで試食を勧められたことのある人も多いでしょう。

これらをたくさんもらうだけでも企業は大損な気がしますが、この「お試し」が元で商品のファンになる人は少なくありません。

つまり企業は商品のアピールで損をしているように見えても顧客獲得という十分な見返りを手に入れているのです。

キャッシングを利用したいけど経済的に不安だったり利息が分からずに怖いイメージを抱いている人はたくさんいます。

現金が必要なときはいきなりやってきますので、いざというときの備えのためにとキャッシングカードを作る人は増えてきているのです。

同じキャッシングを利用するなら少しでも安いところで借入れしたほうがトクですし、無利息ならタダですので安心して使うことができるでしょう。

消費者金融をはじめとしたキャッシングを選ぶポイントは安心感ですので、知名度のある大手消費者金融のアコムやメガバンクの三菱東京UFJ銀行と呼ばれる銀行と提携している金融会社を選択するといいでしょう。

キャッシングでも無利息

キャッシングで現金を借入れすると、そこには利息が発生しますので、借入れした額に利息を足した分を返済することになります。

これは消費者金融だけに限らず銀行でもクレジットカードローンでも発生するものですから当たり前のことであり、言い換えれば金融業者はこの利息収入を得ることで会社として成り立っています。

しかしここ最近になってレイクなどの無利息でキャッシングできるキャンペーンを実施する会社が増えてきました。

利用する側からしてみれば大変嬉しいサービスですが、このキャンペーンはレイクにメリットがあるのでしょうか。

キャッシングの無利息キャンペーンは初回のみであったり期間限定など各金融会社によって制限がありますが、それでも無利息なことには変わりありません。

キャッシングをして無利息期間中に全て返済すれば利息を一円として払う必要がありませんのでこれを利用しない手はないでしょう。

 

 

 

 

イオンカードの還元率

以前はイオンカードをメインカードとして利用していました。

最初の年に、高額利用をしたことで、ゴールドカードにグレードアップしたことで、何となく気をよくしたということもあるかもしれません。

ちなみに、イオンゴールドカードも年会費はずっと無料です。

(今では年間利用額が小さい時もありますが、今のところ「グレードダウン」はしていません。)

イオンカードの通常のポイント還元率は5%で、まあ普通の部類といえるでしょう。

私は以前は「イオン商品券」「JCBギフトカード」に交換していたのですが、交換手数料が250ポイント(1000ポイント=1000円の商品券)もかかるようになってしまいました。これはちょっと困りますね。

(その分、WAONなどの電子ポイントに誘導するという目的でしょうか)

 

レイクの審査

レイクを利用しているのですが、最初審査を突破できるのか心配でした。

最近では、キャッシング業者も厳しくなっていまして、
審査というものも難しいと聞いたこともあったからです。

そこでレイクに審査を申し込む前にレイクにある借入れ診断というものを利用してみたのです。

そちらには簡単な情報を記入すると診断してくれるというものです。

生年月日や勤務先の入社の年月日、そして年収や現在の借入れ実績というものです。

それだけで簡単に診断してくれます。
私も利用しまして、実際に診断を受けまして大丈夫と判定されました。

それから審査を受けまして、その結果レイクを利用できることになりました。

いまでも定期的にキャッシングを利用しています。

気軽に審査を突破できるか確認できるコンテンツがあるというのは素晴らしいことだと思います。